最新のゴシップ、芸能界の裏事情が盛りだくさん!

芸能TODAY > 話題 > 深夜に彼氏の悲鳴!彼「知らない女にズボン脱がされて乗っかられた」→その女の正体はなんと、、、

深夜に彼氏の悲鳴!彼「知らない女にズボン脱がされて乗っかられた」→その女の正体はなんと、、、

深夜に彼氏の悲鳴!彼「知らない女にズボン脱がされて乗っかられた」→その女の正体はなんと、、、

2016.11.08 PM20:49 話題

117: 恋人は名無しさん 2009/08/11(火) 18:02:28 ID:LP7KxF8RO

絶賛アク禁中なので携帯から。

携帯から書き込むのは初めてなので不備があったらごめん。

私…24歳

好太…28歳 私の今彼

元男…24歳 私の元彼

妹子…20歳 私の妹

特定されやすい状況なので、かなりフェイク入れ&ぼかし。ネタと思ってくれても構わない。

【前提1】

私は幼い頃に煩った病で小さい頃から車椅子生活。

(上半身はぴんぴんしてるし、大きくなった今は病も全快に近く、ほんとに足以外健康な状態)

周りの親切のおかげでなんとかやっていけて、なんとか高校に入学。

そこで出会ったのが元男。

元男はクラス委員長で、そんな彼にアレコレ世話を焼いてもらってるうちに恋愛に発展→付き合うことに。

高校を卒業し、私は障害者枠で就職。元男は大学に進学。

責任感の強かった元男は、卒業を機に結婚を前提の同棲をしようと言ってくれて、

こんな身体だから結婚なんて無理だろうと早い内からあきらめていた私にとって、泣くほど嬉しい提案だった。

お互いの両親に挨拶に行って同棲を始めたが、大学生活に慣れ始めた元男は麻雀とコンパを覚え、

委員長の頃の責任感はどこへ行ったか、そのうち家にまともに帰ってくることも少なくなり、

親からの仕送りも生活費として入れてくれなくなった。

お金は何とかなったけど、ふつうの賃貸アパートに住んでいたため家事は手伝ってもらわないと

かなり苦労してしまうので、その旨を伝えて家に帰ってきて欲しいと訴ると、

返ってきたのはため息混じりの頷きと小さい舌打ち…。

118: 2 2009/08/11(火) 18:04:17 ID:LP7KxF8RO

また、実は元男の親は私には直接言わないが、やはりこの身体のせいで結婚には大反対しており、

同棲も「そのうち別れるなら、生活費折半で家事もしてもらえる同棲は元男にとってプラス」

という考えでOKしたことを、酔っぱらった元男自身の口から聞かされた。

このあたりで、私もようやくこの同棲はままごとのようなものだと気づかされ、彼との結婚は無理と判断。

結局数回の話し合い(と言う名の喧嘩)の末同棲解消。

私は大家さん&ヘルパーさん常駐のアパートで一人暮らしを始めることになった。

こんとき私20歳。

【前提2】

私の両親は障害者の私を助け、育てはくれたが、どこかはれ物を扱うようにされている節があった。

私が大きくなるにつれて、嫌みや小言、差別発言が多くなり、両親との間にはいつのまにか深い溝ができていた。

(だからこそ、早く自立して両親から離れたい願望が強く、元男との同棲を深く考えもせず始めてしまった)

それとは対照的に、奔放で両親に叱咤・心配をされながらも、娘として愛されている妹子が私には羨ましかった。

……しかし、その妹子は専門学校に入学するために上京したが、すぐにオトコとブランドに目覚め、

金欲しさにキャバでバイト→ホスト通い→ホストに入れあげ貢ぎまくり→出張サービス嬢でも働くようになり→

結局そのホストと音信不通になってしまい、精神を病んで実家に出戻ってきた。

両親はそんな妹子を叱りながらも同情し、病院に通わせながら家で療養させることにした。

こんとき私23歳。妹19歳。

119: 3 2009/08/11(火) 18:06:34 ID:LP7KxF8RO

で、こっからが修羅場の本筋。前置き長くてゴメン。

元男と別れて2年が経ち、私は職場で知り合った好太と付き合うことに。

好太は無口でクールで取っつきにくい性格だが、知れば知るほど好きになっていき、

私から告白→もやもや期間がしばらく続き→好太から告白してくれて→もちろんOKという流れ。

好太は自分に自信がなかった障害持ちの私が自分から告白できるような、なんていうか私自身の障害を感じさせない

つきあい方をしてくれる人で、一緒にいてとても幸せな気分になれる人。

順調に2年付き合い、その間一緒に貯金しあって目標額に達することができたので、正式に婚約するため

お互いの両親に挨拶することになった。

元男の両親の事があったのでかなり緊張したが、好太の両親もまた私の障害のことなんて障害にならないくらい

自然に受け入れてくれる人たちで、婚約は滞りなく成立。

あとは結婚に向けてスケジュールを立て、新居を探し、もう一踏ん張り貯金をがんばろう、と言うことに。

そのとき、好太は早い内に一戸建てを買わないかと相談してきた。

なんでも、好太の両親が少し援助してくれるらしく、好太は私のために小さくて良いからバリアフリーの

戸建てを買うのが密かな目標だったと聞かされる。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント